So-net無料ブログ作成
検索選択

モウリーニョ:「セリエAで何が起きているかは言わない方が良い」

インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は15日、チェルシーとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグを前に記者会見に臨んだ。FWマリオ・バロテッリが招集されなかったことに続き、ホットなテーマとなったのが、リーグ戦でミランに1ポイント差へと迫られたことだ。モウリーニョ監督はミランの名前こそ出さなかったが、明らかに同チームと分かる形で批判をしている。「イタリアのリーグで何が起きたか、我々は知っている。それがいつ始まったのか、どういう形でチームが勝ち点を取り戻し、ほかのチームたちが勝ち点を失ったかを、我々は知っている。これ以上は言わないでおくよ。そうじゃないと、また3試合のベンチ入り禁止になってしまうからね」いずれにしても、イタリアサッカーに対する愛情が欠けていることは確かなようだ。モウリーニョ監督は「多くのジャーナリストたち、特に外国メディアがいる前だから、イタリアのリーグで何が起きているかは言わない方が良いだろう」と続けている。一方で、大事なチェルシー戦のメンバーについては、「(カルロ・)アンチェロッティ監督がどんなメンバーで来るか、いくつかの疑問がある。私も彼にいくつか疑問点を残しておきたいね。確実に出場すると言えるのは、ジュリオ・セーザルとマイコン、ルシオ、(ワルテル・)サムエル、(ハビエル・)サネッティ、(ディエゴ・)ミリート、(ヴェスレイ)・スナイデルだ」と語った。疑問が残るのは、左サイドバック(ダヴィデ・サントンやサネッティを後ろに下げるよりも、イバン・コルドバか)と中盤(チアゴ・モッタかデヤン・スタンコビッチ)、そしてミリートのパートナーだ(ゴラン・パンデフよりサミュエル・エトーがリード)。モウリーニョ監督が綿密に試合に向けての準備をしてきたのは間違いない。「ファーストレグの試合は7回見た。いくつかの場面を分析しながらね。明日は、選手たちが勝つ助けとなるよう、ベンチで全力を尽くす。我々はリードしているが、これが難しい後半戦であるのは確かなことだ」。アンチェロッティ監督は試合後にワインを傾けて話す可能性について言及したが、モウリーニョ監督は「ここイングランドでの指揮官たちの習慣として、ポルトガル最高のワインの一つを持ってきたよ。ただ、試合後に会うのは難しいだろうと思う」とコメントしている。


2010-03-19 20:21  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。