So-net無料ブログ作成
検索選択

【J-GIRLS】3・28イム・スジョンと対戦する佐々木仁子、復帰戦でKO宣言

写真拡大イム・スジョンと対戦する佐々木仁子  3月28日(日)東京新宿FACEで開催されるJ-NETWORK『J-GIRLS Catch The stone〜6』のメインイベントでイム・スジョン(韓国/EMA/サンサンジム/BARUNSON GAMES)と対戦するJ-GIRLSフェザー級王者・佐々木仁子(チームドラゴン)のインタビューが主催者を通して発表された。 昨年12月「J-GIRLS Final Stage 2009」(ディファ有明)にて行われた世界タイトル・WJC(WORLD J-GIRLS CHAMPIONSHIP)フェザー級初代王者決定戦でアーネスト・ホーストの愛弟子・ジョアンナ(チーム・ミスターパーフェクト/アーネストホーストジム)に惜敗を喫してしまった佐々木。 自身初の世界タイトル戴冠を逃すばかりか、約3年10カ月に渡って更新し続けた無敗記録も途切れる事となってしまった。試合直後、リング上で号泣してしまうほどのショックを受けたその敗戦から約3カ月……再起戦でアジア屈指の実力者・イムを迎え撃つ佐々木に、今大会に懸ける思い、そして因縁の相手となったJoannaについて話を聞いた。■佐々木「負けた事実を取り消したかった」――昨年末のJoanna戦からしばらく経ちます。日本初登場のJoanna選手の完璧なコンビネーションには見ている方も驚かされたのですが、試合後のダメージはいかがでしたか?「試合後のダメージは特にないですね。そんなにパンチで効かされたっていうのもないし…。あの試合、自分は負けてないって思っちゃってるんで! 大きくパンチもらったっていうのもないし、そんなにダメージはなかったですね」――試合終了直後、リング上で号泣する場面もありましたが・・・「もう、自然ですね、あれが。負けたらああなろうとかっていうのじゃなくて、ホントに自然に出た感情がそのままリングであらわれたっていう…」――3年10カ月、無敗街道を歩いてきた佐々木選手にとって、今回の敗戦というのはそれだけショッキングな出来事だったと思います。今はあの敗戦というものをご自分の中でどのように消化してますか?「う〜ん、最初はやっぱり負けたっていうことを取り消したくて…。頭の中でその事実を取り消したくて、寝れば何とかなるんじゃないかなと思ったり…。とにかく“取り消したい”って思う日々が続いて…。だけど時間がたって、当たり前ですけど現実には(時間を)戻せないっていうのがわかって。だったら、もうとにかく前に進むしかないなって。振り返っても時間が戻るわけじゃないんで。戻らないんだったら前に進むしかないってすごく感じました!!」――佐々木選手の性格からして、“ファンの方に申し訳ない”っていう気持ちが強いんじゃないかなって思うんですが…「そうですね、やっぱりすごく皆さんが期待してくれてたっていうのを感じてたんで。それに対して、負けたこともそうですし、“待ちの姿勢”で試合をしてしまったっていうのが・・・試合を改めて見ると、5R全部、待ちの姿勢でいってしまっていて、そういうとこがみんなの期待を裏切ってしまったなと。それがホントに申し訳ないですね……」――Joanna選手にしても、同じ日に開催された「World Queen Tournament2010」に優勝したシルビア選手にしても、コンビネーションや手数に重きを置いた戦法の選手が結果を残しました。KOを狙う試合をする佐々木選手とは対照的なスタイルですが、そのことについてはどうお考えですか?「まぁ、だからと言って自分がスタイルを変えるということはないですねぇ。ただ、そういう勝ち方もあるんだなっていうのをすごく実感しました。けど、自分は自分のスタイルで戦いたいし、倒す選手でいたいし・・・。だから、試合の中で手数を出してポイントをとることも必要なんですが、その中で私は倒していくっていうスタイルでいたいですね」123


2010-04-30 10:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。